daragoBLOG〜野球をちょこっとかじってみた〜

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。ゼロ価値のものに魅了され。

【野球】スプリットステップは不要。むしろ守備がヘタクソになる可能性も。

みんな大好きスプリットステップについてです。

いつから野球でもスプリットステップを取り入れるようになったのかは不明ですが、はっきり言えることは意味もわからずやっていると逆にヘタクソになります。そういう選手は意外と多いことに気付きました。

いや、こんな下手ならやる意味ある?と疑問に思ったのでプロの選手の動きを確認してみました。

 

スプリットステップとは

スプリットステップという言葉を聞いてピンとこない方もいるでしょう。ざっくりいうと一歩目のスタートをよくするために打者のインパクトに合わせてするステップ動作のことです。

よく、内野手が軽くぴょんと跳ねていますよね。一歩目のスタートの前に0歩目として準備しておくことで一歩目が速くなるそうです。

スプリットステップのポイント

スプリットステップはタイミングが重要ですし、着地時の体勢も気をつけなくてはいけないポイントがあります。タイミングがズレたら一歩目は遅くなり逆効果です。千葉ロッテマリーンズの遊撃手・エチェバリア選手の守備の動画をみてみましょう。

www.youtube.com

いかがでしょうか。残念ながらエチェバリア選手は一歩目のスタートを切るのにスプリットステップは使っていません。この試合のこの場面だけかもしれませんが最近よく目にする、ピョン!はやっていません。

全ての投球に共通していることは

インパクトに合わせて低い姿勢になり左右のバランスは均等にしておくこと

くらいです。

下の写真のような体勢がスタートをうまく切るためには重要になります。

逆Yの字の姿勢。どちらにも動きやすい姿勢でインパクトを迎えている。

右側への打球への反応。左足側にカベが出来ており、右足をズラすだけで一歩目のスタートが切れている

次はスプリットステップを使っている楽天のショート・山崎剛選手はしっかりと左右均等かつ同時に着地できています。この姿勢ができているかどうかを確認しましょう。

楽天イーグルス・山崎剛選手(#34)の守備姿勢。左右どちらにも対応できる体勢だ。

テニスでのスプリットステップ。左右均等に着地するのがポイント。(スマッシュ2022年5月号)

山崎剛選手のスプリットステップはテニスで教えられているものを忠実に取り入れているので、できるなら参考にしてほしいと思います。さすが守備に定評のある国学院大学出身ですよね。よくあるのが左右のどちらかの足が早く着地してしまうこと。その時点で一方にバランスが偏っているので反対には動きにくくなって弱点ができています。本末転倒です。どちらにでも動けるように着地しましょう。


www.youtube.com

スプリットステップの目的を理解して真似しよう

スプリットステップの目的が分かっていない選手はただ軽くジャンプをしているだけです。どのタイミングでジャンプするのか、着地をするのか、着地の姿勢はどうするのが良いのか。そういうところを考えていない選手はタイミングがずれてしまったり、ただ単に重心が高くなったりして一歩目が遅れてしまっています。さらには動きにくい方向があったりします。

ピッチャーとしては打ち取ったと思った打球がアウトにならないことの方がショックです。普通のゴロを普通に処理することです。

スプリットステップよりも大事なのは球種やコース、バットの軌道などから打球の飛ぶ方向と速さを予測する精度を高めた方が良いでしょう。

守備なんてどんぐりの背比べなのにヘタクソのレッテルを貼られるのは致命的です。また8割方は守備力=送球力とも言われるくらいですので捕球に関しては余計なことをしないようにしましょう。

 

【野球】カープ遠藤淳志投手 全力疾走後のマウンドで急変!?レベルが高いほど全力疾走はしないわけ。

広島東洋カープの遠藤淳志投手が8回の攻撃で内野ゴロを打ち全力疾走をしたがダブルプレーを喫してしまいました。そのまま続投し9回のマウンドへ。結果は…

8回までは完封ペースだったものの、9回に3人のランナーを背負い降板ということがありました。普通ならお行儀良く三振しておく場面でありました。

ここで言いたいのは戦略ミスとかそういうことではありません。

全力疾走のデメリットも考えてほしいと思うのです。

続きを読む

【プロ野球】京田陽太選手が2軍に強制送還されました。戦う顔をしてない訳とは。

京田陽太選手が2軍に強制送還されたというニュースがありました。

どんな感じなのかなと思って映像を見てみましたけど、かなりの不調ですね。

バッティングの方は、正直にいうと中日ファンでなくても見ていてストレスの溜まるプレーでした。賛否両論ありますが、立浪監督の指示は正解だったと思います。そのまま放置しておいたら取り返しのつかないことになっていたかもしれません。打撃練習をみたのですが、ある解説者曰く足をついてからの時間が長すぎだそうです。たしかに着地脚が地面に着くかどうかのタイミングでインパクトを迎えないと強い打球は打てません。0.5秒くらいのラグがあるように見えます。

続きを読む

【野球】丸刈りじゃなくても。長髪じゃなくても。

高校の野球部のうち20%くらいが髪型は自由としているようです。

髪型を自由にすれば野球人口が増えるかというとそうでもないとも思うが、指導者はこんなことにも気を使っていて大変だなぁと思います。寮に入るなら寮が家庭の代わりなのでその決まり通りにすればよくて、通学の生徒ならそれは家庭と本人に任せればいいでしょう。

寮生活だとほぼ坊主にせざるを得ない。

月曜日か火曜日を全体練習のオフにしているチームが多いと思います。床屋(美容室)も月曜日(関東だと火曜日)がオフのところが多いので必然的に自分達で髪を切る必要があります。

続きを読む

【プロ野球】打順を固定するメリットって何ですか?デメリットは??

日ハムのビッグボスこと新庄監督は打順を固定しないらしい。

個人的には打順なんかどうでも良いと思ってしまうタイプなのだが、プロ野球で打順が固定されないのは選手にとって非常にやりにくいと思う。

打線を固定しないメリットは、選手間の競争が高まることぐらいか。

打率順でも足の速い順でも良いので、良い打者に多くの打席が回るようにでもしておいた方が良いと思う。

プロ野球はデータが命

アマチュア野球ならトーナメントが多いし、リーグ戦だとしてもゲーム数が少なすぎるので、配球のデータを集めたところでそれほど役に立つとは思えない。

しかし、プロ野球のような年間を通してリーグ戦を行うような場合だと話は変わってくる。

続きを読む

【野球】【下半身主導】クイックモーションのコツ

むかし、野村克也氏が斎藤佑樹投手の欠点として腕から始動しているという指摘があったのを覚えています。

よくある誤解しやすい言葉として"下半身主導"というものがあるのではないかと思います。どう勘違いするのかというと、下半身が先に動くのが良いという思い込みです。

続きを読む

【野球】あなたのイップスはただの技術不足です

イップスの原因となるのはメンタル面より技術面による問題の方が大きいというのが最近の主流の考え方になってきています。次の二つを混同しているとイップスになる可能性が高くなりますので気をつけましょう。イップスかもなぁと思った方はぜひ最後までお読みください。

  • ①歩きながら捕って投げるキャッチボール
  • ②軸脚は投げる方向に直角(90°)にする
  • まとめ
  • (おまけ)キャッチボールのやり方
    • ドリルの目的
      • 1.下半身固定
      • 2.正面投げ
      • 3.横向き投げ

 

続きを読む

楽天vs千葉ロッテ(2022/05/12)

久しぶりのプロ野球観戦。気温は19度と暑くもなくいい天気です。まさに野球日和。えっ?野球観戦ってこんなに高まるっけ?なんか忘れてたものが蘇ってきたかもっす。

 

千葉ロッテ・佐々木朗希投手の試合前の様子。登板日前日

人生初の楽天生命パーク宮城での観戦に気分はワクワク

予告先発は

  • 楽天:岸孝之 
  • ロッテ:美馬学

3連戦の初戦は田中将大投手が完封しましたが、2戦目は1-3で敗戦。となると今日は引き分けか?笑

続きを読む

【秀岳館高等学校】熊本県のサッカー強豪校での問題について。

news.yahoo.co.jp

複数のタレントがサッカー部監督のことを「信じられないとか」「アホ」とか言ってますけど、個人的にはまあそうなるよね。としか思えないです。

 

「アホ」とか「なんでウソをつくのか理解できない」のようなコメントはスタッフから言わされているのでしょうか?

アホでもないと思いますよ。普通です。

続きを読む

【野球】【覚醒】めちゃくちゃ上手くなるコツ・考え方

野球が上手くなるコツって考えたことはありますか??身体の使い方を学ぶというのもありますが、1番大切なことは"長く続けること"だと思います。野球を長く続けるためにはポイントがあります

最近の風潮としては小中学生の段階から結果を出すことに熱心すぎる方もいらっしゃいますが、個人的には結果はそれほど重要ではないと思います。

続きを読む

【野球】ゴロ捕球のときグラブが寝てしまいます。グラブを立たせるにはどうすればいい??

ゴロ捕球の時にグラブが寝てしまうという方は、グラブの先におもりを装着して練習してみましょう。

グラブの先に250gくらいのおもりを装着します。ボール(硬式球140g)より100gも重いので結構腕に負担がかかります。グラブの先の方が重いので自然とグラブが立つ使い方が習得できるのですね。

なぜグラブが寝るとダメなの?

グラブが寝てる状態というのは、グラブの捕球面が空の方を向いてしまいます。

続きを読む

【野球】アッパースイングとダウンスイングとレベルスイングってどれが正解なの??

バットの軌道を理解しよう。

野球の打者のスイングにはタイトルのようにアッパースイング、レベルスイング、ダウンスイングと軌道によって分類されています。

 

この言葉の違いは明確で、ミートポイント後のバットの軌道で決まります。

ミートポイントを基準にして、上方への軌道をとるのがアッパースイング。同じ高さのままの軌道がレベルスイング。より下方への軌道となるのがダウンスイングです。

続きを読む

【野球の基本】ベースカバーとバックアップ

ベースカバーとバックアップについて。この二つの言葉を使い分けていないチームはあまりないと思いますが、小学生くらいだとまだ使い分けていないこともありそうです。

もし使い分けていないのなら、今日からしっかりと使い分けてください。

ある日のこと

GWのある日のことです。野球をやっている小学校の横を歩いていると大人の方が大きな声で「ライト!しっかりカバーしろ!」と注意しているのが聞こえてきました。

え?ライトがベースカバーしなきゃいけないプレーだったのかなと見てみると、ライトは定位置付近にいます。内野手もベース付近にいます。

ライトがベースカバーをする状況じゃなさそうだけど……

続きを読む

【野球】横浜市にある高校の強豪野球部が告発され話題になっています。

横浜にある野球強豪校の2年生が複数名退部していたという、驚くべき情報がSNSで流れていました。

なんてこった…つい最近、監督が変わったばかりだと思っていたのに。。

さっそくですが、野次馬根性丸出しで横浜の高校野球部のメンバーを見てみました。こんな時に球歴.comは役に立つのよね。

すでに退部している選手が載っていることもありますが、参考にはなるでしょう。

さらーっとみたところ、ひとつ気になるところがありました。

続きを読む

【部活動】主体的に取り組むために

昔はそれなりにはあった、高校野球やプロ野球の勝敗に全く興味がなくなってしまった。

今では選手個々人のパフォーマンスを軽くチェックするくらいで、試合なんて長すぎてみていられない。

これも歳を取ったせいかもしれないなぁ。なんて思ったりもしている。

個人の価値を高める部活動

もともと試合が面白いと思ったことはあまりなく、バッティングやピッチングが好きなだけだったのかもしれない。

まあ振り返ってみると、チームの勝敗にあまり興味がなくなったのは大学時代の影響が大きいのだと思う。

大学時代のチームはそれなりに良い成績を収めた。

続きを読む