ダラゴのミカタ

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。

ブログ温めますか?

ブログは書けないときはとことん書けなくなる。

 

大したものを書こうというつもりもないのだけど、下書きにどんどんとデータが溜まっていく。

 

とことんライター業には向いていないことがわかる。

 

そもそもブログをはじめたのは何をするにしても、自分の頭の中を言語化する能力は伸ばしておいて損はないだろうと思ってのことだ。

 

けれども自分のボキャブラリーや表現の幅はそれほど広がっていないというのが現実だ。

 

言葉は知っていても、使わないと自分のものにはならない。

 

いろんな文章を読み、言葉をストックし、それを使ってみる。そういう訓練が足りていないのだと痛感している。

 

短くてもいいから、毎日更新するようにしてみようか。

500字くらいでも良いかもね。

 

ブログなんだから、別に決めてやらなくてもいいじゃないか。

 

良いんですか?

 

良いんですよ。

 

まあ、ゆるくゆるく続けていきます。

 

おーり。