ダラゴーのラクガキノート

息をするようにアウトプット。IT・ブログ運営と野球とかを軸に気になることを。

【中学英語】よくある比較表現の間違い。「A is not bigger than B」と「A is smaller than B」は同じ意味ですか?

①A is not bigger than B

②A is smaller than B

は同じ意味なのかどうか。

 

結論から言うと違います。

数式で書くと

①は「A ≦B」ですが②は「A<B」です。

①でnotはbigger than Bを否定しているので、日本語にすると

「Bより大きくはない」→「Bより小さいまたは同じ」と言う意味です。

不等式で表すと「A ≦B」となります。

 

②はBより小さいと言うことを表しているので「A<B」です。

イコール(=)が含まれるかどうかという細かい点ですが違いますよね。わりとよくある質問ではあります。

 

これはよく②の文と主語と比較対象が入れ替わった
「B is___ ___ than A」を同じ意味になるようにしなさい。といった問題が出ます。その時は反対の意味になるような形容詞を考えましょう。

 

新中学問題集の英語(中学2年)

P139 大問6(3)では

  1. Math is easier than English for me.
  2. English is ____  ____  than math for me.

を同じ内容にしなさいという問題があります。

例文の意味は(私にとって)

1は、「数学は英語より簡単だ」

2は、「英語は数学より簡単というわけではない」

 

この問題で答えをnot easierにすると英語は「私にとって英語は数学より簡単(というわけ)ではない」となり「英語の方が難しいかまたは同じレベル」という意味になります。上の文は英語は数学より簡単だと言っているので異なります。

www.daragoblog.com