ダラゴのミカタ

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。

漫画「疾風の勇人 所得倍増伝説」で所得を倍増しちゃうぞ!(所得倍増計画①)

この「疾風の勇人 所得倍増伝説 」は池田勇人をテーマに書かれた漫画です。最近、新聞で紹介されていて気になったので読みました。紙版のコミックを探してみたんですが、
 
闇市か!と突っ込みたくなるくらい値上がりしてましたわ。
これだけのメディアが取り上げていれば転売して利益が出せるだろうと思い、急いでチェックしましたが、なんと7冊の中古セットで18000円とかなんですよ。2倍にはなってますし、一冊でも4000円とかにいるものもありましたよ。
 
あ、楽天市場では3万円超えてるわ。しかもちゃんとしたお店で。。

 
f:id:daradarago:20211025092124j:image
買うのは諦めて、ダラゴ拠点近くのネカフェにちょうど置いてあったので読んできましたよ。腸が出るほど面白いじゃん。

mainichi.jp

疾風の勇人 所得倍増伝説 」は政治音痴でも楽しめる!

この漫画は大和田秀樹さんの作品で、2016年から2017年にかけてモーニングで連載されていたマンガです。かなりキャラが立つように描かれています。なぜ「疾風の」とついているかというと、議員になってから11年で総理大臣になったからです。総理大臣になるのに11年はくそ早いんですね。漫画では総理大臣になる以前のストーリーが書かれています。
 
 
総理大臣になってからのシーンは......
 
7巻で終わっているのですが、描かれていないんですよね。
 
どうやら打ち切りとなったようです。当時もネットでは圧力がかかったのではないかと噂されていたそう。
 
突然、連載が終了した理由は不明ですが、第三章と第四章が予定されていたことは筆者のツイートからわかります。タイミング的には今が良さそうなので、ぜひ再開してもらいたいですね。

 

戦後の政治がわかる学習漫画の受験参考書のコーナーにおいてあってもいいくらいの漫画だと思います。

書店の政党や登場人物が多かったり、勉強時間がそもそも少なかったりして終戦直後の混乱期の日本史って覚えていないんですよね。悲しいかな、ダラゴの中ではこの時期のことは用語を暗記した記憶しかございません。勉強した歴史の中でも1、2を争うくらい覚えにくかった印象しかありません。ほんと一番今につながっているはずなのに全く覚えていないんですよね。
 
それがストーリーとして頭に入ってくるのよ。「疾風の勇人 所得倍増伝説 」は自分が学生の頃に読みたかった学習漫画です。マジで
 
ちゃんと史実に基づいているので日本史受験するなら教科書を読む前に読むべきだと思いますね。受験勉強をしている方!今からでも遅くはないと思いますよ。入試本番で武器になるくらい現代史で差をつけられるかも!
 
 
池田勇人の「貧乏人は麦米を食え」発言の前後も印象的に描かれています。新聞記者に自分の意図しない記事を書かれて窮地に陥る池田勇人。文章だけでは伝わりにくいものが漫画なら映像のように把握できるので、すんなり入ってきます。
 
今の政治にあまり関心がない人にも、政治に関心が持てるようなストーリーとなっていますよ。まず、キャラがかなり独特に描かれていますので覚えやすいです。対立関係や師弟関係も覚えやすいです。人物関係ですね。
 
ただ、経済の基礎知識がないと読むのに一苦労するかもしれません。
もし、経済的な部分が読みにくいなら飛ばして読んでいくのがいいかも。選挙の戦い方や外交の部分に注目して読んでみるのも面白いと思います。人間の生臭い権力争いが楽しめますよ。

www.asahi.com

 
ダラゴの所得倍増計画第一弾は失敗に終わりますた....
 
いま思ったけど今後、所得倍増計画ってテーマの記事がブログのトレンドになりそうだな〜〜
 
おーり。

 

電子書籍で読みたい方はイーブックジャパン がおすすめ。初回の方は50%ポイント還元やってますよ〜

詳しくは下のリンクから。どうぞ。 

マンガ無料立ち読み ←から試し読みもできますよ。