ダラゴーblog

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。むかしあったテレビ番組のようにダラダラいかせて下さい。ブログのためというメディアの性質上ナマではございませんのであらかじめご了承下さい。

7月に読んで良かった本(お金の減らし方 880円 SB新書)

欲しいものに毎月3万円使うことにしました。今月からはじめました笑

なぜ?ってそれは本からめちゃくちゃ影響を受けたからです。

それでは、さっそく今月買ったものをご紹介しましょう。

 

書籍編

  • 「お金の減らし方」 森博嗣 SB新書(880円)
  • 「ファクトフルネス」(FACTFULNESS) ハンスロスリング 日経BP(1800円)
  • 「GRIT やり抜く力」 アンジェラ・ダックワース ダイヤモンド社 (1600円)
  • 「お金を整える」 市居愛 サンマーク出版 (1300円)
  • 「大恐慌の勝者たち」 玉手義朗 日経BP (1800円)
  • 「無敵の独学術」 ひろゆき 宝島社 (1400円)
  • 「ラクしてうまくいく生き方」 ひろゆき きずな出版(1400円)
  • 「プロ野球の経済学」 橘木俊詔 (1500円)

11,680

面倒なので本の後ろに書いてある定価で計算しています。まあ、いちばん古くて安いものだと中古で300円とかになっているものもありますが、3万円をオーバーしなければ家計的には平気なので良いでしょう。

お金の減らし方

収入の2割は好きなことに使え!!!!!

 

f:id:daradarago:20210726002650j:plain

「お金の減らし方」を読んでみました。これは2020年に発売された本なのですが、タイトルがキャッチーですよね。ええ、この本の影響です。

お金の減らし方を教えてくれる本なので、筆者の逆のことをすれば良いのかなと読む前は考えていました。ですが、「お金の減らし方」はお金の使い方を考える本というのが正しいでしょう。2割は好きなものに使い、残りで生活をしていくスタイルです。余ったら好きなものに使うわけではありません。

p.103 「他者に認められたい症候群」 他者に認められたい、という承認欲求が、このネット社会ではやや過熱しているかのように観察される

これは、短期的には得をするけど長期的には損にしかならない典型的な行動パターンです。自分が本当にしたいことを理解することで短期的な衝動に駆られないで済むのではないでしょうか。自分の周りにも結構そういう感じの人間がいるんですよね。絶対に損してるってのに。。。

 

 

p.107  できる限り、一時的な価値ではなく将来につながる価値を求めることが大事だと思う。

なぜ、著者が自分の買ったものを売らないのか。という疑問はあると思うけど、将来的にどんどん価値が高まるものに限定されるようなものしか買っていないからでしょうかね。欲しければ何年かかってでもお金を貯めて購入するはずです。もし悩んでいるようなら欲しくないんで買わなくて良いのです。値段は関係ありません。

 

 

p.199  手に入れたあと価値が増すもの お金を減らす方法の王道は、自分が欲しいものを手に入れ、やりたいことを実現することであるが、この欲しいもの、やりたいことというのは、単なる消費ではない場合が多いのである。

途中まで読んでも正直ピンとこない感じでしたが、p.199まで読んでみたら理解できました。好きなものにお金をかけて突き詰める。そうすると自分の能力も高まるし成長できる。要するに自己投資をしなさいということですね。収入の1/4を投資に回していた本田静六と同じようなことを言っていると思います。投資だと自分の好きなものでない可能性があるけど、好きなものを買って自己投資に回すというのはアリですね。

普通の株式や投資信託などの投資だと7%の利回りとかになれば良いけど、筆者の体験だと何倍にも何十倍にもなって返ってくることもあるそうです。どんどん好きなことを突き詰めていきましょう。

 

で、個人的にはやめたことがあります。それは積み立て投資です。月に数万円積み立てするより、普通にモノを買ったり体験に使ったりしたほうが長い目で見れば良いリターンを生むのではないかと思ったんです。なので積み立ての額を減らして、その分、好きなものに使うことにしました。その分の三万円です。もう少し高いものが欲しくなったら毎月貯めて買うことにしました。

 

この本に関するAmazonのレビューをさっと読んでみたのですが、低評価がついているものはちゃんと読んでないか読めていないようなレビューが散見されます。「単に他人の評価を気にするな」とかが言いたいわけではないはずです。まずは自分を見つめ直すことで社会から評価されることになるという順序だというのです。レビューを読んで大体わかった気になるのは良くないと思いましたね。なんなら損をしているかもしれません。ぜひ自分で買って読んでみてください。電子書籍なら500円くらいで買えますよ。十分に元がとれる本だと思うのでまだ読んでいない方はどうぞ。

この本って「あり金は全部使え」って本に似ているのかなと思いました。

 

書籍以外に買ったもの

Nikonのドットサイト

新品だと18000円くらいのものですが、ポイント還元等で実質14,000円で購入。ドットサイトは野鳥を撮影するときに撮影しやすくするためのアクセサリーです。サバゲーとかで使われているらしいんですが、それを望遠で撮影する際に利用するようになったそう。Nikonのものじゃないともっと安く手に入るんですが、 Nikon好きということでニコンのもので迷いはありませんでした。レビューとかは少ないんですけど、野鳥をうまく撮れている方もいるので試しに買ってみました。

 

今月は2021年7月は書籍8冊とNikonのドットサイトを購入。予算的にはまだ追加で本を数冊買えると思うので何か面白そうな本があったら買おうと思います。合計20,000〜25,000円くらいの出費でした。