マネーフォワードビジネスカードを申し込もうとするも、アプリから本人確認ができず撃沈w

 

個人事業主にオススメのビジネスカードってことでマネーフォワード ビジネスカードを申し込み!

 

  • 与信審査なし!
  • 経費精算が楽になる
  • 1%還元

ってことで申し込みしようとしたわけですが、本人確認書類の提出ができません。笑

 

なんで??

 

運転免許証かマイナンバーカードを提出し、自分の写真を撮ろうとしても撮影ボタンが押せないんです。

 

本人確認はウェブからはできないので、スマホのアプリから申し込むしかありません。

 

アプリのせいなのか、自分のスマホのせいなのか、はたまたボクの顔のせいなのかは不明。

 

ググってみても、不具合はなさそうなのでボクの顔がいけないのかな??

 

もう少しイケメンになってから出直してきますww

 

f:id:daradarago:20230720222207j:image

背景も色々試してみたし。

絶対に枠内に収まってるはずなんだけどな…

ちょっと30分ぐらいやってみたんだけどいったん諦めます。

送信できた方、コメントお願いします.........

(1日経ったので再起動してみましたが、撮影ボタンはまだ押せず。ちなみにOSはiOS16.5.1です。)

新たに事業を始めようとする方にはオススメのビジネスプリペイドカード

事業を始めたばかりだとクレジットカードは持ちにくいみたいなので、そんならプリペイドカードでいっかと思い、この最短即日発行【マネーフォワード ビジネスカード】を申し込もうと思います。

 

メリットは主に以下の4つ

①与信審査不要・ 最短即日発行

プリペイドカードなので、与信審査不要。

お申込みから最短1週間程度でお手元に届き、すぐにご利用可能とのこと。

事業を始めたらすぐに作っておくべきカードだと思いますね。

個人事業主だと自分のクレジットカードを使って決済をし、確定申告の時に面倒なことになるのは見えているのでビジネス専用のカードを一枚は作っておくことをオススメします。

②月の利用上限なし

ウォレットにチャージすれば、上限なしでご利用可能。利用上限でお困りの方も安心してお使いいただけます。

事業を始めた当初は資金繰りが厳しいものです。仮に金融機関から借り入れができたとしても使いすぎて失敗するといった事例がよくあります。チャージした分しか利用できないのでキャッシュフローを最大化することはできませんが、リスク管理はしやすくなります。背伸びをした経営をせず、身の丈にあった経営をしていきましょう。

(※ 当社指定の加盟店での利用に限る  1回の決済は最大5,000万円まで)

 

③ポイント還元は脅威の1〜3%!!!

3%還元のサービス

マネーフォワード関連のサービスに限られますが、上記のサービスを利用している方、検討中の方にはお得な決済方法となっています。

0.5%還元

  • 法人税
  • 地方税
  • 所得税
  • 消費税

とが税金の支払いにもポイント還元が適用されます。金額が大きくなるだけに是非ともポイント還元の恩恵に預かりたいところです。またマネーフォワード Pay for Businessでは、当月の利用金額の合計額に応じてボーナスポイントが付与されます。ボーナスポイントについて詳しくは「ポイント還元についてをご覧ください。

 

注意点としては、お使いの金融機関によっては振り込み手数料がかかることです。

あおぞらネット銀行からの振り込み 原則、24時間365日リアルタイムで入金用口座への振り込みが完了します。 日付が変わった直後に手続きを行った場合は、入金用口座への入金反映までに数時間程度の時間がかかる可能性があります。  ※GMOあおぞらネット銀行からウォレットに紐づく入金口座への振込は手数料無料で行えます

チャージ(入金)方法(Web版) | マネーフォワード Pay for Businessサポート

※ 初期費用も年会費も無料のため、お気軽に利用開始できます。また、使うほどポイントが貯まり、貯まったポイントは別の決済にご利用いただけます。

リアルカードを複数枚発行される場合は発行手数料2年目以降ご利用実績がない場合には年会費が発生します。一部ポイント還元できないサービスがあります。

④従業員の経費精算を削減

マネーフォワード ビジネスカードで決済すれば、従業員が立替をする必要がなくなるので経費精算をする必要もなくなります。人間が手作業で行うとミスがつきものです。余計な仕事は無くして効率化をはかりましょう。

  • 個人の立替や小口現金がなくなり経理業務が大幅効率化
  • 経理業務の効率化により、元々5名で行っていたバックオフィス業務を2名で回せるように
  • 自動化によりミスがなくなり、社員が安心して仕事ができるようになった

 立替や小口現金をなくすために法人カードを活用、経理業務が大幅効率化

 

他のビジネスデビットカードとの違い

他のビジネスデビットカードでも良くない??と思うかもしれませんが、一番の違いは

発行枚数にあると思います。

他のビジネスデビットカードは発行枚数が10枚程度であることが多いのですが、マネーフォワード ビジネスカードには発行枚数の上限がありません。

 

どんな活用方法がある?

業務委託の方に安心して配布できることでしょうか。弊社の場合は業務委託の方の人数が多く、立替経費もよく発生するので、経費用としてお渡しするカードとしてとても役立っています。時期によっては一度で数百人の方にお手伝いいただくこともあるので、枚数上限なく発行できて、利用金額などの設定や利用停止もオンラインで簡単にできるので便利に感じています。経費の立て替えを嫌がる方も多いので、働いてくださる方にとっての価値にも繋がっているように感じます。

業務委託の方への経費支払い作業がゼロに。枚数上限なく発行できるビジネスカードで働く人の負担も軽減