ダラゴーblog

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。

セルインメイ (sell in May)

相場格言

セル(sell)から始まっているので、命令文ですね。

さて、誰が命令しているのでしょうか?

ウォール街
経済アナリスト??
それとも....



5月に売るのが良いとされる理由はなんでしょうかね?

いろいろな理由がありますが、複雑すぎてわけわからない事象がこういう格言になるでしょう。

日本だったら毎年新たな社会人が投資を始めるのが5月からでしょうか?短期売買視点なら彼らに自分の持っている株を売るようなイメージですかね。

それにしても、今年の大学生アルバイトは投資はじめてしまった子が多いですね〜

こういうのをみてると、例年と違うってのが感覚として分かります。

最近の好業績をもってしても日経平均は下がっている状況には違和感しかなく、
ここは非常に警戒しておきたいと思います。

警戒とはどのようにするかというと、ポジションを減らしたり、反対の玉を持つことくらいですかね。

25000円まで到達するのにそう時間はかからないと思っています。

では。