ダラゴーblog

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。

まさかまさかのノータイトル

スランプ

最近、本を読む時間が取れなくて苦しんでいる。ブログの方針はアウトプットにあるのだから、なかなかブログ更新に支障をきたす。

 

なぜなら今はホームレス生活をしているからだ。車中泊にネカフェのローテーションだ。

f:id:daradarago:20210827122306j:image

快活クラブのナイトパックを利用しているが、寝坊して15時間パックになってしまった。5000円を超えた。

 

本来の予定通り、ナイトパックなら8時間で2000円前後である。株主優待券の20%オフ券を使い4000円になったが…

 

これで今夜の車中泊が確定した。節約をせねば、このコロナ禍に力尽きてしまうことだろう。

それにしてもホテルにでも泊まったんかというくらいの値段ではないか。。

 

厚切りポテト(ピザ味)も食べたが、丼とのセットは量が多かった。そして、脂質も多かった。

 

環境が変われば、価値も変わる

今までは、紙の書籍ばかり買っていたがこんな時は電子書籍が役に立つ。こんな生活もそう長くは続かないだろうが。

 

そう。新型コロナの新規感染者数より、このブログのPVが上回らないとダラゴはいずれ力尽きてしまうのだ。

 

ガチのホームレスも時間の問題かもしれぬ。

 

 

全国より地方の行動を読むこと

地方自治体の行動を知り、それが全国に広がりそうか判断する。

 

こういう視点を持った方が上手くいくのではないかと思う。地方自治体の中にはかなり迅速に対応していて国より先取りしている自治体もある。

 

具体的には、相模原市が休校を決めたことで、今後追随するものがあるかどうかということ。これは1週間前のニュースである。

 

もし、追随するような自治体があればオンライン教育(ICT)の整備がより進むだろうなとの思考に至った。

 

今では横浜市も夏休みを延長しているし、この状況はますます増えそうではないだろうか。

さて、これをどう活かしたのかはまたの機会にしよう。

 

乃木希典のニンジン論

快活クラブで動画を観ていたら、乃木希典は自分の息子がニンジン嫌いだということを知るとどう行動しただろうかというものがあった。

 

答えは

 

ニンジン以外のものを食わせなかった

 

 

らしい。笑

 

今なら大問題だ。

何もニンジンを食べる必要もないし、克服する理由もない。"毒"(嫌いなもの)もある程度は必要だ。

 

他のものでその分の栄養を補給すれば良いではないか。今の時代ならそう言えるが、仮にそうであっても必要なら嫌でも食うだろう。

 

好きか嫌いかという次元のものはその人にとって全く必要の無いものなのだ。

 

だが、裕福になりたかったり、人と違う何かを手に入れたかったら、"嫌いなもの"に着目してみるものも良いのだろう。

 

これは、極端な例だが、何かのヒントになれば幸いである。