ダラゴーのラクガキノート

IT関係やブログ運営と野球とかを軸に気になることを。

【インステップ回帰】なぜ藤浪晋太郎はノーコンになったのか。

 

3年目あたりまではコントロールも悪くはなかったのですが、いつからか制球難に陥ってしまいました。

なかなか復活することができずに、プロ野球ファンとしてはもどかしいですね。

藤浪晋太郎投手がノーコンになった理由はインステップを修正したから。

制球難になった原因は簡単で

 

インステップをやめたから。

 

一般的にはインステップは悪いと言われていますが、なぜダメなのでしょうか??

 

怪我や故障につながるとかいう理由らしいですが、全く意味がわかりません笑

 

自然に投げててそうなるのなら、全く負担になんかなりませんからね。

 

なぜ、修正しようとしたのか。

本人は納得していたのかどうかに興味があります。

 

インステップを直そうとすると高確率で失敗します。

修正したいのなら、原因となる箇所のトレーニングをしていたら自然と変わっていた。くらいじゃないとダメです。

 

インステップを直そうとして信じられないほど投げられなくなった選手をよくみてきたので、意識的に変える事柄ではないと思います。

 

 

ましてや藤浪晋太郎投手はインステップ時代に故障が多かったわけでもありませんし、それまで普通に投げられていたのですから修正する必要なんてありません。

 

なぜインステップして投げられていたのかというと、

 

着地脚がしっかりと固定されるからです。

 

膝が割れるよりは1,000倍はマシなので、気にせずガンガンとインステップをしていきましょう。

 

むしろ一般的に良くないのはアウトステップの方だと思います。

 

これもうまく投げられているのなら修正する必要はありませんが、技術的にはレベルが高いのでよほど自信がない限り挑戦はしないほうが良いと思います。

 

アウトステップをする投手は、阪神の西勇輝投手や巨人の菅野智之投手ですが、足腰は相当強いように見受けられます。

 

メリットとしては、膝が割れにくいこととシュート系のボールが効果的に使え.横幅を持った投球ができること。

 

大学や社会人レベルなら思い切ってアウトステップに挑戦してみても良いですが、それ以外の段階ではやめておいたほうが良いと思います。

 

さて、藤浪晋太郎投手ですが

最近の映像を見る限り高校時代よインステップをしなくなっています。その分、着地した脚の膝が割れてしまっています。

 

藤浪晋太郎投手は、過去に「リリースの時の感覚がない」とコメントしていますが、着地脚の固定ができていないことが原因です。

 

ですので、この感覚を脱するのには

思いっきりインステップをしてみましょう。

 

手っ取り早いのが、この方法です。

 

インステップのメリットは膝が割れにくくなることです。

 

アウトステップも膝は割れにくくなりますが、藤浪晋太郎投手の脚の上げ方からすると動きが大きくなりすぎるので合わないと思います。

 

この数年は、まっすぐの位置に着こうとしているため膝は割れてしまっています。

 

インステップを直したことで、軸足の使い方も変わってしまったと思われます。

 

良かった頃は

どんだけ軸足の粘りあるんだよって感じだったのが、今は昔ほどなくなっていますからね。

軸足の使い方・プレートの使い方(おさらい)

プレートの使い方、軸足の置き方に対する意識が希薄なところがみて取れます。

 

軸足を固定したら1mmも動かしてはいけません。

 

外側に体重がかかってもいけません。

 

ノーワインドアップから投げる時の軸足を見てください。

 

地面から完全に足が浮いてしまっていますからね。

 

まぁ、超基本的なことですが、あまり基本として指導される事柄でもありませんが。。

 

とりあえず、「インステップに戻す」だけでも制球は元に戻る可能性はあるので今後を楽しみにしていきたいと思います。