増税した方が良い税、減税した方が良い税

所得税・消費税は減税、大企業への法人税は増税したほうが良い本当の理由

 

正直に言います。

忖度なしで言います。

 

あなたが「バカ」だからです。

 

以上。

自明すぎるのでここで終わりにしても良いと思いますが

 

フザケンナ!!

 

ワシは馬鹿じゃねーーぞ!!

という声も聞こえてきます。

 

ですが、ほとんどの国民個人では間違いなく経済的には「バカ」です。

 

 

(個人ではうまく使えないという意味では「ヘタクソ」だからというべきかもしれません。)

 

ほとんどの人間(サラリーマン)が減税をして可処分所得が増えても大して倹約できずに消費に回してしまいます。

 

人間なんてそんなもんでしょ??

 

人間の欲望は尽きませんから。

逆を言うと、サラリーマン生活をしておけばそういう欲望に抗うことも最小限で済む生活を送れるということです。

ちょっと我慢して仕事をすればそこそこのお金は入ってくるから。

 

個人には稼いでもらった分をどんどん使わせましょう。(でも、借金はできないように規制することは必要 借金は犯罪を生み出すからね。)

 

日本の場合、個人消費の割合が高いので個人消費が増えると経済は回り出します。そして、企業が儲かり出します。よく言われることです。

 

しかし企業は、個人とは違いバカ」ではありません。

 

生き残る企業は、必要以上にコストカットやら経済の流れを止めるような動きをしてきます。

(個人はバカでも淘汰されることはほぼないが、バカな法人は自然と淘汰されていきます。個人では、お金は生命の維持にとって必ずしも必要ではありませんが、法人にとってはお金=生命そのものですからね。個人に比べて法人の方が慎重に意思決定をするのは当然です。)

 

ですので、法人税を増税して別のところに分配する必要が出てきます。経済の循環に逆らうのは法人です。

 

だから、法人税を強化するのは政治・経済的に理にかなっているのです。

 

政治は、金の使い方が"賢い"やつからは多めに取るが、"バカ"なやつからは取らないのが基本だと思います。

どうせ「バカ」はお金を貯めておけないのだから。

 

 

正直、政治家は所得税を減税してもトータルの税収が減らない理由を「国民がバカだから」とちゃんと言った方が良いと思いますね。

 

ちゃんと「国民がバカだから所得税とか減税します」と言ったら減税に反対しだしたりして...ww

 

おわり。

 

*1 個人は企業と比べ規模が小さく、情報にも偏りがあるので賢い経済活動には限界がある。