ダラゴーのラクガキノート

川の流れのようにしなやかに。ITとブログと野球と。

VPNの設定をしておくといろんな良いことがあるよ。コスパの良いVPNは?

VPNを使うとこんなことができます。

  • 通信の暗号化(フリーWi-Fiを使う人は必須!)
  • 他国のサーバーからアクセスできる(海外の動画コンテンツを視聴したい方向け)
  • YouTubeの広告を短くする(YouTubeプレミアムに偽装登録するわけではありません)

 

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、日本語では「仮想専用線」と呼ばれます。

VPNを設定しておくと、通信を暗号化し安全性が高まります。スマホの回線だけを使って通信をする場合にはVPNは不要なんですが、フリーWi-Fiを使う時にはVPNを一発かましておく方がセキュリティが高まります。Wi-Fiが暗号化されていないものがあったり、なりすましWi-Fiのようなものに接続してしまった時に通信を盗み見される危険性が低くなります。

サイトやWi-Fiは信頼できるのかは常に気にしておきましょう。

サイトが暗号化されているかは、URLのところがhttpsとなっているかをチェックします。

Wi-Fiに関しては、大手企業のものならそれなりに信頼できそうですが名前の部分で「Iと1」や「0とO」を変えただけのなりすましWi-Fiが紛れ込んでいるかもしれません。常にチェックしておくのも大変なのでVPNを設定しておくんです。間違えて繋いでしまってもVPNを設定しておけば、Wi-Fi接続時には通信が暗号化されます。暗号化されていれば盗み見される危険性がグッと下がりますからね。

そもそもVPNって安全なの?

VPNなんか使った方が不安じゃない??と思った方。

ボクも最初そう思いました。だってVPNを提供している側が裏で何をしているか分からないんじゃと思ったからです。

調べてみたところ、やはりその心配はあるようです。ちゃんと信頼できる会社のVPNを利用しましょう。

無料のVPNも提供されていますが、なぜ無料なのかを考えたら安全性は疑問ですよね。タダより高いものはないとも言いますし。

世界中にサーバーを保有し、管理するコストを回収する資金が必要なわけで、無料VPNはデータを収集して販売しているんだろうなということは予想できます。

じゃあ、有料なら平気なのかというとそうでもないと思います。ノーログポリシーを宣言していて、第三者からのチェックもあるVPNを選びましょう。あとは、会社の所在地を確認してみてください。どこの国の会社なのかというのは重要です。。

VPNってどこがおすすめなの?

僕がおすすめしているのはセキュリティ会社が提供しているVPNです。

  • Norton
  • トレンドマイクロ

などですね。

最近では「セキュリティソフトを入れているやつはバカ」みたいな記事を見かけますが、確かにWindowsやAppleのセキュリティソフトは進歩しているので、セキュリティソフトを別に入れる必要はないと思います。

ですが、これらのセキュリティ会社のサービスを使うのはこのためではありません。

セキュリティソフトだけじゃ売れなくなってきているので、オプションサービスに力を入れてきているんです。その一つがVPNです。

Nortonに関していうと、Norton360の総合パックにはセキュリティソフトの他にVPNもついてくるんですね。

僕はセキュリティ会社が提供しているVPNを利用しています。

世界中にサーバーがあるところのサービスを使うのが良いと思います。

VPNだけの単独利用と総合パックにはほとんど価格差はないので、Norton360のような総合パックをお勧めします。

VPNを使うとこんなこともできる

VPNを使うと他国からアクセスしているようにすることも可能です。

YouTubeプレミアムでは居住地を他国にしてその国の安い料金で契約している人もいるそうです。

VPNで他国からアクセスするというのはなんら問題はないのですが、グーグルに登録する時に住所を求められます。

この時に「どこか適当な住所(ホテルなど)を記入する」と言ったことをするように勧めている記事があります。

これは、絶対にやめましょう。ホテル側に迷惑がかかることになります。当たり前のことです。

VPNを使ってYouTubeの広告を短くすることはできそう。

YouTubeはどこの国で視聴されているかによって、広告の種類が変わります。

日本からアクセスされているなら日本向けの、アメリカからアクセスされているならアメリカ向けの広告が配信されます。

日本からの場合、大体は30秒はある広告が配信されます。3分くらいの動画も流れてくることも多いです。

この中で南アフリカ共和国にしてみます。

そうすると、ほとんどが6秒ほどの短い広告になります。1分を超えるような長い広告はまだ配信されたことはありません。

YouTubeプレミアムにしたくはないけど、広告をどうにかしたいという方はVPNを使って短い広告が配信される国を探してみてはどうでしょう。南アフリカからアクセスしていても日本向けのチャンネルは普通に視聴できますよ。

ちなみに自分の勉強したい国にしておくと、広告でリスニングの練習ができてオススメです。

VPNはセキュリティも高められる上にYouTubeの広告も短くなるという一石二鳥なんですね。めちゃくちゃオススメなんで取り急ぎ報告致します。

ぺこりm(_ _)m

Norton360に付いているSMSのフィルターも案外役に立つのではないかと思う。

親のスマホを見てみたら国税局を名乗るメッセージがSMSに届いていました。新聞記事では水道局を名乗るものもあったそうです。

こういったメッセージはメールアドレスには届くことはなかなかありませんが、SMSだとそこそこあるみたいです。

高齢の親はびっくりしてサイトを開いてしまうところでした。

さすがに大丈夫だろう、と思っていても案外身近な人が引っかかっている可能性はあります。うちの親は歳なので何をするかわからなく心配なのでスマホにSMSフィルタを設定しておきました。

さすがにこれでダメなら諦めよ…