daragoのラクガキ帳

超雑記ブログ。メモりたいことをメモしていく。

野球の名付け親って誰??

野球の名付け親は正岡子規ではない。

まずはじめに断っておきますと、正岡子規の本名がのぼるだったので→のぼーる→野球となったという正岡子規説は間違いです。

 

えぇ、マジかよ…

とわたしは思いましたね。

 

正岡子規じゃねえのかよ。高校の文学史に出るレベルだぞ。

 

この正岡子規説を知ったのはおそらくテレビ番組なはず。

ですからこの20〜30年のうちにどこかのテレビ番組で紹介されていたはずです。わたしはそんな記憶が微かにではありますが残っています。ですので人口の数%は正岡子規説が正しいと思い込んでいるかもしれません。

 

じゃあ、誰が野球と名づけたのかというと、中馬庚という人物です。「ちゅうまんかのえ」と読んだり「ちゅうまかのえ」と読んだり、何が正しい読み方なのかは分かりません。

昔の方にありがちな感じですね。

ちなみに1970年に中馬庚は野球殿堂入りを果たしています

 

彼は、野原でする球遊びという意味から中馬がそのまんま「野球」と翻訳しました。

 

1894年のことです。

 

正岡子規が名付け親とされたのは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」(1969年発行)に書かれていることからそう広まってしまったらしいです。

 

犯人は河東碧梧桐(カワヒガシヘキゴトウ)

司馬遼太郎がなぜ正岡子規説を小説に書いたかというと、河東碧梧桐がそう思い込んでいたから。

高校の文学史に出てくる変な名前ランキング常連のアイツですよ。

高校生の時から薄々勘づいていましたが、マジのやべー奴でしたね。

正岡子規が俳句に野球(のぼーる)という雅号を持っていたこともあったし、河東碧梧桐は正岡子規から野球を教わったこともあったそうです。

その影響もあり、正岡子規が野球と命名したと広めてしまったのだと。

 

野球少年よ。

 

中馬庚を覚えておこう。テストに出るぞ

www.amazon.co.jp