ダラゴのミカタ

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。文化的で最低限度の生活感ブログ。節約とかブログ運営とか日記とか。高校はとある県の公立校卒業。旧帝大の出身。

【相談】奨学金の返済(500万円)があることをパートナーに言えません。正直に言うべきですか?

ダラゴさんはじめまして。YUKIと申します。以前、奨学金の記事を読んだので私が悩んでいることの相談をしたいと思いメールを送らせていただきました。

 

それでは突然ですが本題です。いま、付き合って3年になる彼がいます。彼とは大学時代からの付き合いで、結婚を前提にお付き合いをさせていただいております。ですが、メールの題名にもあるように彼には奨学金を借りて大学に行っていたことを話したことはありません。総額500万円という、額も額なので結婚をするとなったら報告した方が良いのでしょうか?すべきですよね?当面の間は、共働きでいるはずなので相談はせず自分の給料からなるべく多く返済していくことも考えています。

 

回答

はじめまして、メールの方ありがとうございます。メールが来たのは、初めてのことなので正直驚いております笑

 

奨学金のことを額も含めて、パートナーに伝えるべきか伝えるべきではないかというご質問ですね??

結論から申し上げますとはっきりと「伝える」べきだと思います。

たしかに当分の間は、YUKIさんが働いている間は自分の給料から返済に回せるので、めちゃくちゃ頑張れば数年で返済できるかもしれません。中にはなるべく早くに全額返済をするために頑張って働いている方もいらっしゃいますしね。

 

ですが、奨学金の記事を読んでもらえれば分かる通り急いで返済をするメリットってないんですよね。奨学金の金利も非常に低いので。

 

損得の問題以外にも、結婚前にはお金に関することの秘密はないようにした方が良いです。聞かれなかったから言わなかったではなく、必要なことは正直に話しましょう。

結婚時に奨学金のことを隠すようだと、結婚後に自分の好きなものを買うためにパートナーへの相談もなくローンを組むようになったりします。わたしの知人にもショッピングのリボ払いなどにもハマってしまった方もいます。

 

仮にパートナーの彼が奨学金を利用せずに大学に通っていたとすると、2人で返済をしていくことになりますが、これはきっと2人にとって大学で出会うために必要な費用だったのでしょう。彼も納得して奨学金の返済を受け入れてくれるはずです。

 

パートナーにお金のことを隠すことと繰上げ返済はしない方が結婚生活を円滑にするためには必要だと思いますよ。

 

繰上げ返済をする必要がないのは、過去の記事を読んでもらっているのでご理解いただけると思います。そもそも奨学金をただのローンや借金と捉えるのは間違っています。人生を豊かにするために活用して良い権利なのです。記事のように銀行株などの投資に回さず、純粋に学費や生活費に回っていたとしても問題ありません。パートナーを得ることができたのですから。隠す必要なんか全然ありませんよ。

 

わたしから言えることはこれくらいのことで、専門家でもなんでもない意見ですので参考にはなるか分かりませんが、少しでも力になれたのなら幸いです。また何かあればメールしてくださいね。

それではお幸せに!

 

www.daragoblog.com

 

www.daragoblog.com