ダラゴのミカタ

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。文化的で最低限度の生活感ブログ。節約とかブログ運営とか日記とか。高校はとある県の公立校卒業。旧帝大の出身。

たのしい制約(佐藤雅彦)が国語の教科書に!教育開発出版のKeyワークの問題で間違いを発見!

たのしい制約(佐藤雅彦)が中学国語の教科書に載っている

この文章は光村図書の中学校の国語(1年)の教科書に採用されてます。

 

元同僚からある問題がどうしても分からないと連絡が来たので確認してみました。

 

その問題というのは教育開発出版のKeyワーク国語(1年)のある問題です。

 

「たのしい制約」に関する問題が載っているのですが、最初は考えても分かりませんでした。国語の教科書を取り寄せていたら3週間くらいは先になってしまうので、もとの文章が載っている本を取り寄せることに。調べてみると「毎月新聞」というタイトルの文庫でした。元の文章は2000年頃に毎日新聞に寄稿されていたもので、文庫化されていたのでそれを購入しました。

結局、「毎月新聞」はネットで購入したのですが、あとから知ったのですがこの本は図書館にありました。20年くらい前の本は図書館にあることが多いので、まずは図書館をみるのが良いですね。覚えておきます。

 

 

元の文章を読んで分かったのですが、Keyワークの図2が間違っていますね。誤植のようですが、テキストの図だと(3)の問題が解けません。

(3)の解答は「構成している直線の本数が同じ」なのですが、Keyワークの図2だと本数が2.3.5.6.9で全部違ってしまいます。

 

元の文章にある図を見ると、正しくは6の上の横棒と9の下の横棒がありません。それなら簡単にわかる問題でした。

 

塾選びは教材もチェックしよう

教材を作ってる会社として誤植は当然良くないけど、それ以前にこんなとこ空欄にして読解力とか鍛えられますかね???国語の能力とは別の能力をみる問題になっている感じがします。だってただのクイズじゃないですか。。。笑

あと、本文の省略している箇所が省略すべき箇所ではないですね。大学のゼミというのを知っている人なら問題ないかもしれませんが、どういう状況かも分かりにくいでしょう。まああの設問なら別にいらない箇所ではありますが、本文としてはカットするところではないと思います。

 

まぁ、Keyワークは他の教科にもツッコミどころのある設問は結構あった印象なので、メモとか(残っていれば)読み返してみて、気になるところをこのブログに書いていこうかなとも思います。まぁ改定されているかもしれないので、その点はご了承ください。

 

日本では教育開発出版のテキストを利用している学習塾は多いと思うので、より良いものにしていただけたらと思っています。

 

中学生の塾選びは塾の雰囲気や教師も大事ではありますが、できるなら教材もチェックした方が良いですよ〜。

 

 

おーり。

 

www.daragoblog.com