ダラゴのミカタ

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。文化的で最低限度の生活感ブログ。節約とかブログ運営とか日記とか。高校はとある県の公立校卒業。旧帝大の出身。

マーケットは軟調。コロナ変異株より石油備蓄の放出の影響か

日経平均株価が800円近く下落して、アメリカのダウは900ドル近い下落。

下落率としては2.6%ほどです。(0:30現在)

ドル円も115円から113円近くまで下げてます。これは1.5%ほどの下落。

 

報道によると、下落した要因はアフリカでコロナの変異株が出現したからというのが主な理由のようですが、個人的には違うと思ってます。

 

これまでもヨーロッパでは新規感染者数は何万人という数が感染していました。

 

さらに日本はあまりに急激に収束したので、もうコロナの存在を忘れかけはじめている時にコロナの変異株が出現というニュースは不安をかき立てるには十分だったのでしょう。

日本の下落から始まってアメリカへと伝播していった格好です。

 

ですが海外の新規感染者数を追っていればそれほど、驚く状況ではありません。

 

まだヨーロッパで見つかってもいないですし。

 

今回の下落はコロナの変異株というより、石油の備蓄を放出したという報道の方が影響は大きいのではないかと思うのです。

 

1日で原油の先物価格は9%ほど下落してますからね。今月の高値は85ドルだったのが、今日では71ドルまで下落しています。

 

原油の先物価格の下落率の高さがずば抜けて高いのは、コロナの変異株だけでは説明できないと思います。

 

備蓄放出が価格を下げるのに影響はあまりないという意見もありましたが、結果的には下落してしまいました。

 

政府的には予想外の状況であるかもしれませんね。

 

おーり。