ダラゴーblog

人生の長いトンネルを抜けたらそこは真っ白なパソコンの画面でした。

コロナショックからそろそろ一年ですが ......

今日の記事は

edition.cnn.com

です。

いきなり知らない単語が連発します・・・

reckoning

→ここでは計算ってとこですかね。算段とか。

コロナショックから1年経ちますが、別の算段がありますか??

 

violent nosedive

→nosediveは鼻からダイブする感じで暴落、更にはviolentまでついているんでどえらい暴落を表現しています。

確かにものすごかったですよね。あの時に売らずに持ち続けるには確固たる信念がないとまず無理だと思います。

 

turmoil

→タームオイル?石油かなんかの資源かと思ったけど本文では

The turmoil was a fitting start to a year of frenzied activity.

 

theがついているんでその前の部分で書いてあるなんかのことなんですよね。オイルの話なんかしてなかったから絶対違う。

最後のfrenzied activityもよく分からないけど

そのturmoilは〇〇した一年の始まりだった。くらいには読めそうです。

〇〇にはマイナスのイメージの言葉が入りそうですね。

 

で単語の意味は

turmoilは混乱

frenzied activityは熱狂的な活動ってググると出てきますけど、まあ混乱のことを表現していることがわかれば良いでしょう。be動詞が使われていることですし。

 

 

他の単語 

wreak havoc→「大損害を与える」

double-digit→これは、最初わからなかったけど、2なんとかだから、2桁とは分かったかな。ダウやS&Pが二桁、最大30%くらいを記録しましたもんね。

 

logging→記録すること

ログは履歴

 

shrugging off→受け流す

コロナが中国で感染しはじめたとき、マーケットは反応しませんでしたね。1週間くらい経ってから、反応しはじめました。

そういう文脈でshrugが使われていました。

 

even as→だとしても

abruptly→不意に、突然

これは、絶対に高校時代に覚えた単語。

 

ただ、曖昧だったので再度チェック。

何がabruptlyかというと、マーケットがコロナウイルスをshrug(受け流し)していた時、トランプ元大統領やWHOがabruptlyに旅行の禁止を発表したことです。

ロックダウンもありうるぞということでマーケットはdevastatin downturnをしてしまいました。

 

devastatin→壊滅的な

downturn→下落

この二つの単語も覚えておきましょうか。

 

この一年、ロックダウンやらホームステイ、在宅勤務など新しい言葉が生まれました。この一年のhollmarkがexuberanceでしたね。

hallmark→顕著な特徴

exuberance→豊富

です。

 

revve→より活発にする

rally→ラリー

 

unabate「(力などが)衰えない、減じない」

CCSは、工場や発電所から排出されるCO2を回収して
地中や海洋に貯留する技術で、大規模なCO2削減が期待できるため
温暖化対策の切り札ともいわれています。
この技術を採用している発電所abated
採用していなければ unabated ですが、
CCSは非常にコストのかかる技術のため、
普及に時間がかかるだろうといわれています。

rollouts→製品として出荷する

stumbling blocks→つまずき

rein→統制

tolerate→多めに見る、寛容な

Given that 〜 〜だとすれば

hike 歩く

juice ジュース 絞る

動詞で使うんですね

Excess savings in Europe will also juice the recovery if households spend some of that extra cash.

 

contracted 縮小した

amid 「中で」 

GDP contracted again in the final three months of last year amid fresh lockdowns

 GDPが主語で、動詞がcontracted amidは前置詞です。

GDPは去年の最後の3ヶ月における新たなロックダウンで再び縮小した。

ですかね。

 

 

A sluggish vaccine rollout and relatively modest stimulus will also weigh on Europe's recovery

ワクチン開発が遅く、比較的刺激が控えめであることもヨーロッパの回復に重しとなるでしょう

 

sluggish「低調な 緩慢な」

rollout「製品出荷」

 

 

 

やばい全然読めない・・・

書いてあることは特に知らないことでもないような内容なんですが

読めませんねえ

 

やっぱりNIKKEI ASIAの方が読みやすいから最初はそっちからにしようかな

 

では、だら〜〜だら(さようなら)